FC2ブログ
RSSはこちら

ワイヤーフォックステリア Ginn(ギン)の独り言

とあるダーツバーの非常勤フロア主任の独り言

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2015⁄03⁄18(Wed)
  • 23:47

南極のペンギン

Ginnです。

黄色ネクタイ

随分とご無沙汰してしまいました。
今夜は昨年11月10日に他界された爺様の敬愛する『健』さんのお話し。
表題の「南極のペンギン」は俳優「高倉 健」著作の絵本。(絵は健さんじゃありませんが)

    ぼくの名前は 高倉 健。
    映画俳優のしごとをしている。
    もう四十年以上も 映画のしごとをしている。

この書き出しで始まり10のエピソードがつづられています。
健さんが自らの体験から汲み取ったことを、子供のために書き記した。とあります。
故に、ひらがなが多く、また漢字にはルビがふられています。
爺様の愛読書。


南極のペンギン2

爺様の学生の頃のお話し。
当時の邦画は東映の所謂、やくざ路線全盛期。
健さんは無論、鶴田浩二、大木 実、若山 富三郎、大御所 片岡 千恵蔵さんも出演してました。
でッ、世はディスコ(今様に言えばクラブかな?...)ブーム。
爺様たちも当然に赤坂、六本木に夜な夜な出没...
しかし、土曜の夜は早めに切上げTAXにて有楽町の銀座東映に
何故って?...
健さん主演の映画を鑑賞するため(当時は毎週土曜日はオールナイトにて鑑賞できたそうな)
モータウンサウンド、ガンガンの処からコテコテの日本情緒の世界へ...
これが全く違和感ナシに入り込めちゃう不思議な感性?...
今と異なり館内は立観(一部、中央部の席が座席指定、入場できれば入るだけ入れちゃったんだって)で満員御礼。
当時の主演作をDVDタイトルでご紹介。


昭和残侠伝1965

昭和残侠伝

昭和残侠伝.吼えろ唐獅子

戦後最大の賭博

昭和残侠伝唐獅子牡丹

忘れてならない共演者「藤 純子」

日本女侠伝

勿論、やくざ映画だけじゃなく四十七人の刺客、動乱、幸せの黄色いリボン、南極物語、ほたる、ブラックレイン、遺作のあなたへetcと沢山ありますが今夜はこの辺で。
最後にcoffee好きの健さんに捧げる一杯。
アイリッシュ・コーヒーを


img60598975.jpg

レシピ
今回はアイリッシュですからウィスキ-はタラモアデューをチョイス  30ml

Tullamore DEW

シュガー 1tsp.
Hot coffee  適量
生クリーム  適量(ホイップでもOK)

良い夢を...おやすみなさい。





関連記事
スポンサーサイト
category
未分類

TrackBack Url

http://ginnstalk.blog.fc2.com/tb.php/12-30428788

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。